2014/01/12

ミュージカル『愛の唄を歌おう』を観た

ネタバレなしです。

愛の唄を歌おう | 関西テレビ放送 KTV
http://www.ktv.jp/ainouta/

 我らが川畑要さん出演のミュージカル、『愛の唄を歌おう』を渋谷ヒカリエのシアターオーブで観てまいりました。むろん川畑要さん目当て!、ですが、エハラマサヒロさんもやばかったっす…! 惚れてまうやろー!!。

 初日にいったカナメイト(熱烈猛烈川畑要ファンを指す一部で用いられている呼称)の皆さんのツイートが、猛烈大絶賛すぎるし、他の方のツイートでも「CHEMISTRY川畑さん歌うまい」のツイートが多くて、すごいうれしいなと思うと同時にそこまでなのか…と、驚いていました。

 ところがどっこい。
 ファンの皆さんの感想、まったく大袈裟ではなかったです。
 
 川畑要さん、猛烈に良かったです。申し訳ないくらい美味しいです。
 どうしたんでしょうかこれは。
 最近まれななんという好待遇でしょうか(爆)。
 かみさまはちゃんと見ているってことでしょうか…!!!!!
 
 ゲネプロを観た舞台業界関係者の方が、格段に上達しているとツイートされていまして、そんなにか…と思っていたら、段違いでした。
 うまく表現できないのですが、ものすごい演技がうまいとか、そういうあれじゃないんです。すごく自然で、というのも違うし。ともかくも、
 なんだか全然違う。いつのまにどこでそんなにそうなっちゃったの!!、です。
 以前までは、「要さんがやってるーo(^-^)oわくわく」でしたが、今回は「いつも見ている知っている要さんとちがう(゚Д゚≡゚Д゚)??」でした。あるシーンでとくにそう感じてぞわぞわきました。
 要さんご本人は、やんちゃでありながら、落ち着いていて、口べたですが、キラっと光る瞳で観客を見てくれるんです(知り合いかおまえはと言わんばかりの)。でも昨日観た、そこにいる要さんは、違うんです。いつものように瞳はきらきら、時折ブラサンを彷彿とさせる人相悪い目つき、巻き毛くるくるかわいいYO!、なのですが、登場したところから何かが違ってたんだーーー!! 要さんが、そういう表情をしている、んじゃなくてぇ…(自粛)

 とりあえず代表して宮本亜門さんには五体投地な感謝。

『ハングリー』はぎこちないし見ているほうははらはらしっぱなしでした。『そこをなんとか』はだいぶ変化していましたが、基本は続きでした。『朗読劇』うまくなってましたが、まだ延長線上の続きです。
 しかし今回のミュージカルは、成長曲線がいきなり分断して、違うパラメータとか必要な新しいグラフを書き始めたような感じです。
 
 要さん本当に良かった。こういうのがはじめての舞台で本当に良かった…。

 もちろん欠点がないわけではないですが、公演を重ねたら、時々なめらかではない台詞の言い回しもだいぶこなれるでしょう。(滑舌は良いですが時々なんか変)その変化した先を、見られないのが悲しい限りですが。。当日券あるかな…。

 大阪公演のころには、きっといろいろ変化していると思います。ライブツアーでもそうでしたし。千秋楽のときは、いったいどうなっているんだろう。



ハングリー!Blu-ray BOX
ハングリー!Blu-ray BOX
posted with amazlet at 14.01.15
ポニーキャニオン (2012-05-25)
売り上げランキング: 39,291

0 件のコメント: